信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

2019

18

12月

awscliのユーザーを、該当ディレクトリに移動しただけで自動で切り替えたい!

テクログ

●イントロダクション

いろいろなものの合間にサーバレス付近の検証を延々やってる昨今ですが、

皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

サーバレス付近もうちょっとやったら組み合わせての

マイクロサービスとかにすすみたいんだよね〜。

Goでペチペチとやってますよ。実行速い。


さて、年末ですので、awscliが活躍する時期ですね。

そう、隙間のホコリを掃除したりするのに役立ちますね。


●やりたいこと

ホコリを掃除するついでに

cloud9でServerlessFrameworkを使ってLambdaのデプロイをしてたんですけど、

デプロイするステージが正しいかどうかをユーザーを切り替えることによって実現したいなって気分になりました。


デフォではdevだけの権限があるので、prodにやると「できないよ?」って言われる、みたいな。

ガチガチに縛るとかじゃなくてうっかりを防ぐ安全装置的なやつですね。


でも毎回prodの権限があるユーザに切り替えるとかしたくないですね。めんどくさいからね。


●profileを切り替えればユーザーも変更できるけど……

awscliについて、profileを指定すれば別ユーザーになれるのはご存知ですね。

awscliの設定切り替え


でもそんなprofile変更を手で毎回やりたくない。

makeとかでdev prodを分けるにしたってそれを間違えるからそこではやりたくない。


自動でやって…ほしい!!!!


●くみあわせ技だよ

まず、環境変数でクレデンシャルファイルのパスが変えられるんです。

ということはユーザーも変えられる。

AWS CLIでクレデンシャルファイルパスを環境変数から設定できるようになりました


あとはどこかのディレクトリに移動したとき、自動で環境変数さえ変えられれば!


あっ!

ディレクトリごとに環境変数を定義 - direnv


●おわかりいただけただろうか

そういうことでございます。


インフルエンザが流行る時期ですが、お気をつけを。

よい年を迎えられますよう祈念しております。



 画像は記事とは関係ありませんがイメージです

この記事を書いた人

画像:投稿者アイコン

tzwy

所 属:
WEBインテグレーション事業部
出身地:
saitama
仕事内容:
いろいろ検証、作成、障害対応とか品質向上とか

RELATED ARTICLE

関連記事

記事一覧へ