信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

2019

10

6月

ブラウザテストフレームワークの5月でした

テクログ

ブラウザテストフレームワーク、使ってますか!


単体テストもいいけど、

やっぱりユーザが使って実際ちゃんと動作してるの?ってのが気になりますよね。


最近はjsでいろいろやることも多いし、関連するところが動かなくなったり。

(jsの単体テストやれって話もありますが)


で、有償無償問わず、いろいろと見てみました。


結構網羅したり、試したりするだけでもそれなりにかかったので、

なんとなく一覧的に。


・いわゆるツールでの自動テスト系

teststudio

Ranorex

Autify

TestComplete

Unified Functional Testing

ROBOWARE

uipath

katalon studio

imacros


・いわゆるブラウザテストフレームワーク(E2Eテスト用)

Seleniumを直使用

Codeception

CodeceptJS

Nightwatch.js

WebdriverIO

Scrapy

watir

Appium

Selenide

GebおよびSpock

Capybara

Splinter

CasperJS

SST (selenium-simple-test)


重要視した点としては、パッとつくれて、パッと動かせる。

なんだこれ、どうやるんだ、みたいなのはなし。


……ということで、有償の自動テストツール系について、

可能なものは体験版を入れてちょっと動かしたりしました。


「ちょっと」なのはあえてちょっとだけやって、

それでもできないのならば簡単じゃない!ということでした。



もちろんデモや動画をみてると、

「なんかすごいことやってるし、なんでもできそう…」

となりますし、実際理解すればなんでもできるのかもしれません。


でも少しだけいじっただけでは全く思ったとおりに動かないんですよね。

というわけでツール系はなくなり、

ブラウザテストフレームワークの検証となりました。


テストコード書かないといけない、というのは確かに手軽とはいえないですが、

サンプルがあればあとはその改良をつづけていけばなんとかなる、という思惑です。


現状のサポート具合、活発さ、書きやすさ…

などから

Codeception

CodeceptJS

が残り、mac,PCでのブラウザテストはクリア。

実機もやりたい、ということでAppium連携をしたり…ということをやっていましたよ。



実機動作は結構コツが必要だったり、iPhoneだとやりたいことがどうしてもできない部分があったり…

となりましたが、それ以外は結構思ったとおりのテストができましたので、

毎回確認しないといけない動作がある、とか、そういった場合には役に立つのではないでしょうか。



一個小ネタでいえば、テストをAWS Lambdaに連携させて、

外への影響を確認したりする、ということもやってみました。


純粋なE2Eテストの範疇からは外れるかとは思いますが、

やはりどうしても確認したい内容もありますので、そういうものもいかがでしょう。


ちなみに最終的に残ったのは


CodeceptJS+Appium


でした!


(以下イメージ画像


この記事を書いた人

マスオさん

tzwy

所 属:
WEBインテグレーション事業部
出身地:
saitama
仕事内容:
いろいろ検証、作成、障害対応とか品質向上とか