信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

2018

6

12月

観葉植物と暮らす

健康

みなさんこんにちは。キャンベルです。


今回は観葉植物について語ろうかな~と思います。

ご興味あればお付き合いください。


私は観葉植物が好きで、現在6鉢と共に生活しています。

一番古い子は実家に居た頃からの付き合いなので、かれこれ17年にもなります。


ホントはもっともっと増やしたいのですが、

あまりにも数が増えすぎて世話しきれなくなるのは本末転倒なので

平日働きながら目の行き届く範囲に抑えています。



植物は人間と同じでそれぞれ個性的で、性格も育ち方も違いがあります。

だから専門書で勉強して個々に手厚くお世話をしている・・なんてことはありません。

そこまでマメじゃないので、むしろ恥ずかしいほど大雑把。


ただ、こんなことを言うと胡散臭さの塊になってしまうのですが

植物たちと なんとなく意思疎通ができます。

今どうして欲しいのか感覚的に理解できるという感じです。


なので、毎日朝晩声をかけて、伝わってきた感覚で対処内容を変えます。


例えば


「今日は冬なのに暖かかったね~。何か要望あるかな?」


『お水が欲しいぜ!たっぷりよろしく!』

『もっとこっち側を光に当ててくれェ…』

『苦しくなってきたわ…剪定してスッキリさせてちょうだい』


などなど。


そんなの植物の状態を目で確認すればわかることじゃん、って

冷めたことはどうか仰らずに。


今このタイミングでどうして欲しいかってことは、

テレパシー的な感覚で察知するのでこれはもう説明するのが難しい…



では、せっかくなので我が家の6鉢をご紹介させていただきます。



アルテシマ 120cm  (新入り 専門店でネット購入)

玄関に大きめの植物を置きたくて、ずっと探してきたものの

候補に挙がった子たちはみな3~4万もして決心できずにいましたが

ようやく許容範囲価格で好みのフォルムの子が見つかったので迎え入れました。

大きくてツヤのある葉が美しい! 性格はまだ新入りすぎて掴めていないので

どんどんコミュニケーションとっていこうと思います。



パキラ(写真左)80cm (17年前、無印良品にて購入)

ティーカップサイズのミニハイドロカルチャーが…17年経ったらこうなりました。

グングン成長しすぎて重みで垂れてしまい、ワイヤーで引っ張って固定している有様ですが

とにかく前向きで元気な子です。春になったら大きい鉢に植え替えしてあげよう。


ヘデラ(写真右下)12cm (1年前、雑貨屋にて購入)

会社のデスク用に迎えましたが、ちょっと繊細な性格で環境になじめず、

病気で死にかけたので自宅に連れて帰って看病したら復活し元気になりました。

あまり体力がない子なので成長が遅め。



ステレオスペルマム 20cm (1年半前 植物専門店にて購入)

さほど光が当たらない場所でもすごく成長します。新芽がニョキニョキ!

枯れた葉と茎を自ら落として上へ上へ!と伸びる姿は見てて気持ちいです。



シンゴニウム 40cm (3年前 雑貨店で購入)

購入時は可愛かったのですが…触手のような茎がウニャウニャ伸びてきて

大変なことに…。

もっと手入れしてあげないといけないんだろうなぁと思いつつ

自然のまま育てています(=言い訳)

しかし性格はとても素直。窓から入る太陽光が大好きでその方向に伸びるので

定期的に鉢を回転させバランスを整えています。しかしやっぱり茎がコワイ…



アジアンタム 30cm (9年前、ホームセンターで購入)

瑞々しい豊かな葉が美しい子です。ものすごく水を必要とするタイプなので

毎日バシャバシャ水やりしますが、冬場は葉がチリチリし茶色くなってしまうので

マメに剪定します。

かつて旅行で家を空けた際、苦肉の策として浴室で多湿な状態にしてビニール袋を被せ

6日間留守にしました。

祈るような気持ちで帰宅すると、無事耐えていてくれたので万歳した思い出があります♪

生きててくれてありがとう!



植物はペットみたいに自分から水や食べ物をねだって来ませんから、

それだけこちらから日々気にかけて察してあげないと、すぐに痛んだり死んでしまいます。

だからどうしても面倒に感じてしまう人もいらっしゃいますよね。


でも、彼らと生活していると、静かながらとても良いエネルギーをもらえる気がします。

生きた植物がスクスク育つ家はきっと居心地がいいはず。


気に入った子と出会ったら、ぜひ迎え入れてみてはいかがでしょうか。



以上、素人全開ながら観葉植物との生活バナシをお届けしました。

お読みいただきありがとうございました☆彡


この記事を書いた人

マスオさん

キャンベル

所 属:
WEBインテグレーション事業部
出身地:
東京
仕事内容:
デザイン

RELATED ARTICLE

関連記事

記事一覧へ