信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

2018

22

8月

Aurora Serverless が遂に登場!

テクログ


マスオです。


Aurora Serverless MySQL の一般利用が開始

※画像も上記から引用


以前のAWSイベントで発表され限定プレビューだったサーバレス版について

このほど遂に一般利用が解禁となりました!


東京リージョンでも利用可能となったので早速さわってみたのですが、

現状での制限が与えた影響などを書いていきたいと思います。


  1. パブリックアクセスができない
  2. 通常はパブリックアクセスするしないを選べますが、そもそも設定できない
  3. ローカル環境からつながらない!とか言われたので EC2 からつなぐようにしてもらった
  4. レプリカ機能がない
  5. アプリからのDB接続を Writer/Reader に分散しているが、エンドポイントが一つになる
  6. 分散していない環境から試し始めた
  7. インスタンス型からサーバレス型に切り替えるにはスナップショット経由のみ
  8. 作成に結構かかった。2~3時間くらい
  9. テスト環境とかから試し始めた。本番を切り替える場合どうしようかな。
  10. 暗号化が必須
  11. 特に影響なかった
  12. 「すぐに適用」機能がコンソール上から使えない
  13. クラスター名の変更などメンテナンスウィンドウで変更となる
  14. CLI からのみ対応可能
  15. 取り急ぎ再作成とかした
  16. んで、メンテナンスウィンドウもコンソール上から変更できない
  17. サポートに聞いたらバックアップウィンドウと共に変更不可との事
  18. 適応するしかないか


サクッと試しただけでも色々と出ました。


現状では ACU に上限がありますし、スケールアウト用のレプリカ機能もないので

オートスケール感度によっては本番に適用するのは難しい環境もありそうです。


ただ、用途や制限を踏まえてマッチする環境であれば

積極的にサーバレス版に切り替えていくべきアップデートかと感じました!


皆さんもサーバレス推進するために本機能をガンガン使っていきましょー。


それでは、また。

この記事を書いた人

マスオさん

マスオ

所 属:
WEBインテグレーション事業部
出身地:
岐阜
仕事内容:
プロジェクトマネジメント