信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

2016

10

8月

【色の話】夏の広告は青系で。

テクログ

いやー。連日、暑いですね!!

昨日(2016/08/09)の東京の最高気温は38度だったそうですよ(;´Д`)

 

花火大会や夏祭り、リオオリンピックに高校野球など

夏のイベントはまだまだ尽きませんが、今年の夏もすでに折り返し過ぎました。

今回のデザインテクログは【色で見る夏の広告】について軽めにお話しようと思います。

 

----------------------------------------------------------------

まずは主に今年の夏に展開された広告ビジュアルをご覧ください。

 

 

【ビール・交通広告系】

金麦 淡麗

オリオン 

 

 

【女性用日焼け止め・WEBサイト】

アネッサ

アリー

 

 

ありますね。共通点!!

(それをベースに選定しましたが・・・)

 

そうです!!です!!

 

上記の広告はビールや日焼け止めなど夏に大量に消費される商品です。

人々は毎日の厚さに疲弊し、自然と【涼】を求めます。

【涼】というイメージは触覚や味覚で感じられますが、

を使えば視覚でも伝えることが可能です。

 

 

空や水や海といった自然の中で【涼】を感じるものは人間の目にはおおまかに言うと青色に見えますよね?

そこで、空や水や海などを見て【涼】を感じたことのある人が青色を目にすると、

【涼しげ】【清涼感】【さっぱりとした】などの感覚を条件反射的に感じることになるのです。

脳が目からの情報でそう感じるように信号を出しているらしいです。

脳って不思議ですね~!

 

 

【涼】を求める機会が多くなる夏の広告として青色が多用されるのは、こんな色彩学の観点から説明することが出来ます。

 

 

ざざっと簡単にお話しましたが、もちろん他の色にも色々なイメージがあるので、

また次回以降にお話させていただけたらと思います。

 

 

では、皆様、素敵なお盆を~

 

この記事を書いた人

マスオさん

くま

所 属:
WEBインテグレーション事業部
出身地:
山形
仕事内容:
デザイン・マークアップ

RELATED ARTICLE

関連記事

記事一覧へ